ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.03.23 Thursday

沢山の「初めて」

 

こんばんは。光と海と風を感じる海辺の

 

小さな宿まる屋若大将、藤原啓太です。

 

昨日、工事完了いたしました。

 

かえる島近くにありますかえる絵馬奉納

 

場所。

 

絵馬をかける柱がついに新しく取り替え

 

られました。

 

真っさらピカピカの柱に生まれ変わって

 

います

 

 

 

 

柴山漁港

ピカピカでーす!

 

 

 

 

かえる絵馬を利用される方や、かえる島

 

へ訪れる方がもっと増えてほしいですね。

 

かえる絵馬は、まる屋喫茶室「わら兵衛」

 

にご用意しております。

 

 

《沢山の初めて》

 

 

2016年11月6日より始まった

 

松葉がにシーズン。

 

10年ぶりに地元に帰ってきた僕は、

 

いろんな「初めて」を経験しました。

 

まずは、仲買人としての登録証を

 

頂いたことです。

 

かにの競りに関して、素人同然の

 

知識しかなかった僕が、市場に立つ

 

ことを許される証を頂いたことが

 

最初の「初めて」でした。

 

同い年で、10年の経験がある寺川

 

水産の寺川武志くんに柴山がにの

 

選別や競りについて色々と

 

教わりました。

 

深夜から行われるかにの選別について

 

詳しく知ったことも「初めて」でした。

 

松進(しょうしん)丸の水揚げ作業、

 

選別作業を見学させて頂いたのが、

 

11月17日の深夜3時から。

 

いくら、かにが多く生息していようと、

 

いくら、かにを沢山漁獲しようと、

 

この選別作業がしっかりとしていないと

 

品質の優れた柴山がには世に出回りません。

 

現在の選別は、長年培われた感覚と

 

正確さを要求されていました。

 

 

 

 

 

柴山がに

深夜行われる作業

 

 

 

 

 

その現場を見ることができ、柴山がにが

 

いかに多くの方の手がかけられているか、

 

いかに手間をかけて選別されているかが

 

わかりました。

 

漁獲され、選別され、そして競り落とされ

 

まる屋の水槽へと入れられる柴山がにが

 

何人もの人の手を通して、お客様の元へ

 

届けられる過程を見ることができました。

 

 

 

 

柴山港

ピンク色のタグには様々な人の想いが

 

 

 

 

《柴山は漁師の町》

 

 

11月、12月は、セコガニが水揚げされ、

 

1月、2月は水がにが水揚げされました。

 

 

 

 

水がに

全て水がにです

 

 

 

 

セコガニは松葉がにのメス、水がには脱皮

 

して間もない若い松葉がにのオスです。

 

このかに達が、どのくらいの量、水揚げ

 

されるのかということも「初めて」知り

 

ました。

 

どちらも、水産資源として考えると漁獲

 

しない方がかにの数が増えるということは

 

わかります。

 

漁獲に対して、様々な意見がある両者

 

ですが、漁師の方には漁師の仕事を

 

続けて頂きたく思います。

 

柴山は「かにの町」である以前に「漁師の

 

町」であるのです。漁師を続けられなく

 

なってしまっては、この町が成り立ち

 

ません。

 

水産加工業者も宿泊業者も地元に漁師の

 

方々がおられてこそ、成り立つ仕事ばかり

 

です。

 

「獲らない方がいい」と考えるよりも、

 

ある程度規制がある中で、今獲ることが

 

できるものをいかに活用していくかを

 

考える方がいいように思います。

 

 

《日本屈指の漁港》

 

 

柴山漁港という小さな漁港が松葉がにに

 

おいて、いかにスゴイ漁港か、どれ程

 

松葉がにを水揚げすることに特化した

 

漁港かということを改めて「初めて」

 

知りました。

 

柴山以外の漁港で松葉がにの水揚げが

 

なくても、柴山に行けばあるという

 

ことは、漁業関係者の方はよく

 

ご存知です。

 

1月、2月に数年ぶりの積雪があった

 

影響で、ほとんどの漁港で松葉がにの

 

水揚げがなく、柴山漁港に業者の方が

 

集中されていました。

 

雪の影響がなくなる3月は、ホタルイカ

 

漁の操業が多く見られます。

 

日によっては、他の漁港で入港船が

 

あるものの松葉がにの水揚げがあるのは

 

柴山漁港だけ、ということが何度か

 

ありました。

 

 

柴山漁港

3月20日の全入港船数

 

 

 

柴山漁港

その内の柴山漁港の水揚げ数です

 

 

 

 

 

もちろん、ホタルイカを必要としている

 

業者の方々も多くいらっしゃいますし、

 

柴山漁港所属漁船の中にもホタルイカ漁を

 

されていますが、松葉がににかける想いが

 

強い柴山漁港では、最後の最後まで

 

水揚げが続いていました。

 

 

《市場に立つ目的》

 

 

僕は、11月のかにシーズンから毎日では

 

ありませんが、市場に立ちました。

 

競りで入札できる登録をして頂いた

 

のですが、

 

 

 

 

 

 

 

1度もかにを競り落としていません!

 

 

 

 

 

 

 

大将が競り落としたかにを回収する作業を

 

毎回やっていました。

 

後もう一つ、やっていたことがあります。

 

「おはようございます」と、仲買人の方、

 

船員の方、選り手の方に挨拶をさせて

 

頂くことです。

 

今までのシーズンは、全く顔を出さなかった

 

僕が、2016年11月から突然、市場に

 

来るようになった。

 

長年、市場におられる方々からすると

 

「誰だ?」と思われることでしょう。

 

地元で育った者とはいえ、10年ぶり

 

に帰ってきました。僕が誰なのかは

 

すぐにはわかってもらえないと思いました。

 

市場に来て、先輩方である皆さんにお会い

 

する機会をつくり、少しでもコミュニケー

 

ションが取れるように、ご挨拶をさせて

 

いただきました。

 

松葉がにの漁期が終わる3月には、少しでは

 

ありますが、顔を覚えて頂けたかなと

 

思います。

 

このブログを漁業関係者の方々に、読んで

 

頂けたのも顔を覚えて頂いたからこそだと

 

思っています。

 

とても嬉しく思います。

 

柴山漁港での競りは、まだ続きますが、

 

柴山がにの水揚げが一区切りとなった

 

今、漁師さんと関係者の方々に

 

改めて感謝をいたします。

 

まる屋では、4月から少しお休みを頂いて

 

からお昼の営業を中心に始めさせて

 

頂きたいと思います。

 

 

 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
まる屋若大将SNSです
フォロー、いいねよろしくお願いします
↓↓↓↓↓

 


まる屋Facebookページ

http://www.facebook.com/maruya.shibayama/
まる屋の近況報告や「〜但馬はこんなにいい

ところ〜」シリーズでは、但馬のある地域に

スポットに当てて、訪れてみたくなる

情報をお届けしてます!

 


まる屋若大将Instagram
http://www.instagram.com/keita_maruya/

田舎だからこそ、但馬だからこそある

何気ない風景を1日1枚毎日更新しています。

雄大な自然の風景や、但馬の人にしかわからない

ローカルな風景、ある人にとっては新鮮な風景を

日々取り上げています。

ご旅行の参考して頂ければ嬉しいです^^

 

 

 

僕がブログを書いています!

 

かえる島

若大将


兵庫県北部地方を昔から但馬(たじま)と

呼びます
壮大な山々と豊かな海に囲まれた

この地域は、様々な魅力がいっぱいです
但馬(たじま)での旅行が楽しい思い出と

なりますように
いろんな情報をお伝えしていきます!

■年齢 32歳
■香美町香住区出身

 

 

マラソンが好きです!
大阪マラソン2015、淀川マラソンに

出場経験有り
走るのは速くない(BestTime4:52)
でも走るのは好き!

4月22日に行われる

ジオパークマラソンに出場します

 

日本酒が好きです!
但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに

個性があっておもしろい!   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.04 Saturday

カニとホタルイカと

 

こんにちは。光と海と風を感じる海辺の

 

小さな宿まる屋若大将、藤原啓太です。

 

3月になり暦の上では、春の季節と

 

なりました。

 

兵庫県北部但馬(たじま)地方でも、

 

少しずつ春の訪れを

 

感じられるようになりました。

 

 

カニホタル

丹生(にゅう)神社の様子 

         (若大将Instagramより)

 

 

 

 

まる屋から車で10分程の場所に

 

あります「かえる島」

 

その近くに「かえる絵馬」を納める

 

柱が立っているのですが、設置から

 

15年以上経過していることもあり、

 

3月中旬ごろに新しいものと取りかえ

 

ることとなりました。

 

絵馬を扱われる宿や利用者の方が

 

増えてきたことでリニューアルすること

 

が決まったそうです。

 

 

カニホタル

雨風にさらされてますからね

 

 

 

かえる島やかえる絵馬に関心を持って

 

頂ける方が増えてきたことは嬉しいですね!

 

 

 

《春の日本海》

 

 

但馬地方の漁港では、3月も松葉がにの

 

水揚げが続けられています。

 

それと同時に水揚げされる春の日本海の

 

恵があります。

 

「ホタルイカ」です。

 

隣町の浜坂漁港をはじめ、香住漁港、

 

柴山漁港でも水揚げされます。

 

 

《ホタルイカといえば富山県?》

 

 

ホタルイカといえば富山県のイメージが

 

強いように思います。

 

大阪の市場でも、2月末くらいは

 

兵庫県産のホタルイカが出回りますが、

 

しだいに富山県産のものが多く

 

なっていったように思います。

 

ホタルイカは『富山県のさかな』にも

 

選出され、富山湾の一部の海域を

 

ホタルイカ群遊海面としています。

 

海岸近くまでホタルイカの大群が

 

押し寄せるのは日本近海では富山湾

 

くらいで、捕獲に対しての漁業権がない

 

ため、富山湾の漁港や海岸で簡単に

 

網ですくうことができるそうです。

 

富山県産のホタルイカは、個体のサイズが

 

大きく、濃厚な味わいです。

 

酢味噌を添えて食べるのが定番です。

 

 

《兵庫県産のホタルイカ》

 

 

但馬の港でも水揚げされ始めたホタルイカ。

 

富山県産のものと比べると、サイズが

 

小さいように思います。

 

ものによっては2倍ほどサイズが違います。

 

サイズが大きいとその分濃厚さも増し、

 

食べ応えもあります。

 

しかし、その濃厚さゆえに「ホタルイカは

 

ちょっと・・・」という方も中には

 

いらっしゃると思います。

 

酢味噌で食べるのが定番になったのは、

 

その濃厚さをサッパリと食べられるように

 

と考えられたのかもしれません。

 

兵庫県産のものは、サイズが小さいので

 

あっさりとしているような気がします。

 

酢味噌で食べる定番も美味しいですが、

 

サイズを比較されると富山県産のものの

 

インパクトには中々かないません。

 

 

《カニとホタルイカと》

 

 

柴山漁港近くにあります水産加工業者

 

今西食品では、カニを茹でた湯で

 

ホタルイカを茹でるという、香住ならでは

 

の方法で仕上げたホタルイカを

 

「カニホタル」として販売されています。

 

 

 

カニホタル

カニホタルです

 

 

 

先日、地元のスーパー「ナカケー香住店」で

 

販売しているということを聞いたので、

 

初めて購入しました。

 

商品を見た印象としては、富山県産のホタル

 

イカを知っているだけに、やはりサイズは

 

小さいです。

 

目と口と軟骨を掃除して頂きました。

 

 

 

 

 

カニホタル

サイズは小さいですが、

 

 

 

「美味しい!」

 

掃除しただけで、何もつけずに頂いたの

 

ですが、そのままでも美味しかったんです。

 

味の変化をつける意味で、ポン酢をつけて

 

頂いてみましたが、それも美味しい!

 

サイズが小さい兵庫県産のホタルイカは、

 

濃厚さも控えめで少し物足らなさを感じて

 

しまうくらいですが、カニホタルはそれ

 

感じることなく、それでいて、行き過ぎる

 

こともありません。

 

そのサイズ感とカニエキスが含まれた湯で

 

茹でたことにより、程よく旨味が加わり

 

ちょうどいいバランスに仕上がっています。

 

富山県産のホタルイカでは、こうはいかない

 

と思います。

 

サイズが大きいと、濃厚さが強くなりすぎる

 

ような気がするからです。

 

小さいサイズだからこそ、カニの水揚げが

 

盛んな香住だからこその方法です。

 

カニホタルは、地元のスーパー「ナカケー

 

香住店」に並ぶ他、製造元である今西食品の

 

HPより購入ができます。発送もできます。

 

今西食品HPはコチラです。

http://www.ima-syoku.com/

 

まる屋でも、仕入れの準備が整い次第、

 

お料理の中でカニホタルを使わせて頂こうと

 

思っています。

 

旬のホタルイカを香住ならではの調理法で

 

仕上げたカニホタル。

 

是非、召し上がってみてください!

 

 

 

 

カニホタル

 

 

 

 

 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
まる屋若大将SNSです
フォロー、いいねよろしくお願いします
↓↓↓↓↓

 


まる屋Facebookページ

http://www.facebook.com/maruya.shibayama/
まる屋の近況報告や「〜但馬はこんなにいい

ところ〜」シリーズでは、但馬のある地域に

スポットに当てて、訪れてみたくなる

情報をお届けしてます!

 


まる屋若大将Instagram
http://www.instagram.com/keita_maruya/

田舎だからこそ、但馬だからこそある

何気ない風景を1日1枚毎日更新しています。

雄大な自然の風景や、但馬の人にしかわからない

ローカルな風景、ある人にとっては新鮮な風景を

日々取り上げています。

ご旅行の参考して頂ければ嬉しいです^^

 

 

 

僕がブログを書いています!

 

仲買人

若大将


兵庫県北部地方を昔から但馬(たじま)と

呼びます
壮大な山々と豊かな海に囲まれた

この地域は、様々な魅力がいっぱいです
但馬(たじま)での旅行が楽しい思い出と

なりますように
いろんな情報をお伝えしていきます!

■年齢 32歳
■香美町香住区出身

 

 

マラソンが好きです!
大阪マラソン2015、淀川マラソンに

出場経験有り
走るのは速くない(BestTime4:52)
でも走るのは好き!

4月22日に行われる

ジオパークマラソンに出場します

 

日本酒が好きです!
但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに

個性があっておもしろい!   

 

2017.02.27 Monday

温かい想いを

 

こんにちは。光と海と風を感じる海辺の

 

小さな宿まる屋若大将、藤原啓太です。

 

昨日は柴山漁港にて「第16回かすみ・

 

かに感謝祭」が開催されました。

 

 

 

かに感謝祭

 

 

 

かに感謝祭

 

 

 

普段は仲買人と水揚げされた海産物が

 

集まる市場は、多くの祭り参加者で

 

賑わいました。

 

 

《イベント盛りだくさん》

 

 

柴山がになどの海産物、カレイや

 

ハタハタの干物、地元の野菜が

 

販売されていたり、たい焼きや

 

クレープなどの屋台も出店されて

 

いました。

 

 

かに感謝祭

今西食品の今西さん!ナイスポーズ^^

 

 

 

 

中でも人気だったのが、かにの味噌汁。

 

味噌汁を求めようと長蛇の列が

 

できていました。

 

この味噌汁は、無料で参加者の方々に

 

振る舞われました。

 

 

かに感謝祭

皆さん、味噌汁を召し上がられていました

 

 

 

その他にもビンゴゲームや親子かに歩き

 

競争など、会場に来ていただいた方が

 

参加できるイベントも行われました。

 

ステージでは、重量20圓寮屮ぅ

 

(タルイカ、ソデイカとも言います)の

 

解体ショーが開催され、まる屋の大将が

 

包丁を持って実演していました。

 

 

 

 

かに感謝祭

赤イカ解体中

 

 

 

かに感謝祭

子供達の熱い視線!

 

 

 

地元のバルーンパフォーマー「つよっさん」

 

のバルーンショーも子供達に大人気

 

でした。

 

柴山地区の漁業協同組合、水産加工業協同

 

組合、観光協会が三位一体となって開催

 

された「かすみ・かに感謝祭」。

 

特に祭りに来られた方々に大盛況だったのが、

 

参加されたほとんど全ての方が召し上がられた

 

かにの味噌汁だったように思います。

 

 

《無料で振る舞われるのは》

 

 

かにの味噌汁は参加された皆様に無料で

 

振る舞われました。

 

かには、現在水揚げされている水がに(若

 

松葉)を使っています。水がにとは、脱皮

 

してから間もないオスの松葉がにのことを

 

いい、成熟したものと比べると身入りが

 

少ないため、安価で競り落とされます。

 

水がにと言えど、柴山漁港で水揚げ

 

されたかにです。しかも、美味しい!

 

更に、味噌汁の味噌は、香美町佐津地区の

 

米地(めじ)で造られた「米地味噌」を

 

使用しています。

 

 

 

かに感謝祭

ひょうごブランド商品に選ばれています

 

 

味噌汁を作るためには、もちろん材料費が

 

かかります。

 

では、なぜ無料で振る舞われるのでしょうか。

 

ここに柴山の方々の温かい想いを感じるのです。

 

 

《幼い頃の出来事》

 

 

僕の父親は、3人兄弟です。父親の他に姉と

 

弟がいます。

 

僕から見ると伯母さんと叔父さんです。

 

伯母さんは兵庫県神戸市に、叔父さんは

 

栃木県小山市に住んでいました。

 

盆や正月になると、家族で柴山の実家に

 

帰省されていました。

 

いとこ達と一緒に帰って来てくれるので、

 

僕はその時が本当に楽しみでした。

 

休みの期間、実家で過ごされた後は

 

当然、それぞれの場所へ帰られます。

 

自宅へ帰られる日になると必ずおばあさん

 

(伯母さん、叔父さんからするとお母さん)

 

が、こう言います。

 

「これとあれと持って帰んねぇ(持って

 

 帰りなさい)」

 

地元の野菜やカレイの干物、お米などを車の

 

トランクいっぱいに詰め込んでいました。

 

「お母ちゃん、まぁええって〜」

 

伯母さんや叔父さんが帰省するたびに見られる

 

この光景は、きっと僕の家だけではないと

 

思います。

 

子を想う親心ということもあると思いますが、

 

ここには、都市部に住む方に対する田舎の方の

 

温かい心があらわれているような気がします。

 

かにの味噌汁は、わざわざ柴山に足を運んで

 

頂いた遠方からのお客様に地元の美味しいかに

 

を食べて頂きたいという心のあらわれだと

 

思うのです。

 

「遠くから来なったんだしけ、これ食べねぇ

 

(遠くから来られたのだから、これを食べて

 

 ください)」という想いが

 

込められていた味噌汁なんだと思います。

 

僕個人の意見ですが、近年にみるかにの値段の

 

高騰や経済状況からすると、この温かい想いを

 

これからも継続していけるかどうかは、

 

少し考えないといけない状況にあるのかも

 

しれません。

 

 

《柴山がには3月末まで》

 

 

柴山がにの漁期は、残り約1ヶ月間です。

 

かにが獲れる自然の豊かさに感謝、漁船に

 

乗られる漁師に感謝、かにを選別される

 

選り手に感謝、そして遠方から柴山に来られる

 

お客様に感謝し、残り1ヶ月間しっかりと

 

おもてなしをさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
まる屋若大将SNSです
フォロー、いいねよろしくお願いします
↓↓↓↓↓

 


まる屋Facebookページ

http://www.facebook.com/maruya.shibayama/
まる屋の近況報告や「〜但馬はこんなにいい

ところ〜」シリーズでは、但馬のある地域に

スポットに当てて、訪れてみたくなる

情報をお届けしてます!

 


まる屋若大将Instagram
http://www.instagram.com/keita_maruya/

田舎だからこそ、但馬だからこそある

何気ない風景を1日1枚毎日更新しています。

雄大な自然の風景や、但馬の人にしかわからない

ローカルな風景、ある人にとっては新鮮な風景を

日々取り上げています。

ご旅行の参考して頂ければ嬉しいです^^

 

 

 

僕がブログを書いています!

 

 

若大将


兵庫県北部地方を昔から但馬(たじま)と

呼びます
壮大な山々と豊かな海に囲まれた

この地域は、様々な魅力がいっぱいです
但馬(たじま)での旅行が楽しい思い出と

なりますように
いろんな情報をお伝えしていきます!

■年齢 32歳
■香美町香住区出身

 

 

マラソンが好きです!
大阪マラソン2015、淀川マラソンに

出場経験有り
走るのは速くない(BestTime4:52)
でも走るのは好き!

 

日本酒が好きです!
但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに

個性があっておもしろい!   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album