ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沢山の「初めて」 | main | レストラン桜桃、営業します >>
2017.03.26 Sunday

筆文字の木札

 

こんにちは。光と海と風を感じる海辺の

 

小さな宿まる屋若大将、藤原啓太です。

 

まる屋にあります喫茶スペース

 

「わら兵衛」の入り口にこのように杉玉

 

を飾らせて頂きました。

 

 

竹泉

杉玉の下に「竹泉」の木札

 

 

 

竹泉

美しい筆文字です

 

 

 

 

大きな杉玉の下には、躍動感と力強さが

 

あふれた「竹泉(ちくせん)」という

 

筆文字が書かれた木札を取り付けました。

 

こちらの杉玉は、「竹泉」を醸す酒蔵

 

田治米合名会社で使われていたものです。

 

そして、筆文字は岡山県の書家、渡邊遙華

 

(ようか)さんに書いて頂きました。

 

 

《なぜ杉玉があるのか?》

 

 

そもそも、杉玉というものは酒蔵にあります。

 

その年の新酒が搾られた頃に、青々とした

 

新しい杉玉を取り付けます。

 

 

 

 

 

 

竹泉

「新酒ができました」という意味です

 

 

 

 

 

なぜ、まる屋のような小さな宿にあるのか

 

といいますと、単純明快、

 

 

僕が日本酒が好きだからです^^

 

 

日本酒が好きなので、但馬の日本酒を

 

いろんな方に飲んで頂きたい、と思った

 

ことがキッカケです。

 

タイミングよく、田治米さんとお話しする

 

機会を頂いたことも理由です。

 

杉玉には、「竹泉」と書かれていますが、

 

まる屋で扱う日本酒は「竹泉」だけでは

 

ありません。

 

現在は、香住鶴、銀海、田治米の3蔵の

 

日本酒をご用意しています。

 

まだまだ、種類は少ないですが、但馬の

 

各蔵のお酒は様々な個性を持っています

 

ので、いろいろと楽しんで頂けるよう

 

数も増やしていきたいと考えています。

 

 

 

 

燗酒

器も楽しんで頂けるように

 

 

 

 

《書家 渡邊遙華さん》

 

 

「竹泉」という筆文字を書いて頂いた

 

渡邊遙華さんには、木札の素材選びから

 

お願いいたしました。

 

候補に挙がったのが3種類。

 

高級感と縁起の良さをもつ桐材、杉玉と

 

共通の素材でキレイな木目が特徴の杉材

 

、フローリングなどに使用されるパイン

 

材です。

 

木目は、場所によって様々な表情を見せる

 

ので、この木材のどの部分がいいか、など

 

細かく相談していきました。

 

 

 

竹泉

桐材と杉材を比較してみて

 

 

 

 

最終的に杉材に決定いたしました。

 

そして、最も重要な筆文字です。

 

文字は実際に遙華さんに書いて頂きました。

 

同じ文字でも字体1つでいろんな表情を

 

みせる筆文字の奥深さを感じました。

 

いくつかのパターンを用意して頂き、

 

インパクトがあり生き生きとした字体に

 

決まりました。

 

 

 

竹泉

いろんな表情があります

 

 

 

 

今回の筆文字は、直接木札には書かずに

 

文字を印刷する方法をお願いいたしました。

 

屋外に飾ることもお伝えしていましたので、

 

雨風に対する耐性を得ることが理由です。

 

素材や字体、木札のサイズなどを決めてから

 

印刷作業に入って頂きました。

 

木札に文字を印刷する工程や、木札を乾燥

 

させる工程を経て、約2週間。

 

注文からすると、約3週間後に手元に

 

届きました。

 

丁寧なご対応と、逐一経過を伝えて頂いた

 

ので、どのように仕上げてくださったのか

 

がわかり、とてもよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

遙華さんとは、1度もお会いしてませんけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

《出会いはSNS》

 

 

今回、木札の筆文字を製作して頂くにあたり、

 

僕は筆文字を書いてもらう方を探したわけでも

 

ネットで検索したわけでもありません。

 

遙華さんと、昔から知り合いだったというわけ

 

でもなく、上の通り、1度もお会いしたことが

 

ありません。

 

出会いはTwitterです。(実は、やっています)

 

杉玉の話よりも以前、2016年11月頃に

 

遙華さんを知りました。

 

「筆文字書かれているんだ、いい文字だな」

 

最初は、そんな感じです。

 

後で、Instgramもされていることが

 

わかりました。

 

昨年の6月より、僕は毎日投稿を続けて

 

います。遙華さんのInstgramには美しい

 

筆文字がズラリと並んでいました。

 

 

 

竹泉

https://www.instgram.com/youka_we/

 

 

 

 

「わー!スゴイなー」

 

そんな感じです^^

 

日々SNSを利用し、投稿される写真を

 

見たり文章を読んでいくうちに、筆文字

 

にかける想いや飼われている猫ちゃんの

 

様子がわかってきました。

 

 

 

「この方は、筆文字に対する熱い想いを

 

 持っておられて、心のこもった文字を

 

 書いてくれるんじゃないか」

 

 

 

と、思うようになってきました。

 

そこで、突然訪れた竹泉の杉玉の話。

 

そして、田治米さんがおっしゃった

 

「杉玉の下に竹泉と書いた札をかけて

 

 欲しいですね」という一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決定!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、僕は遙華さんに依頼をさせて

 

頂きました。繰り返しますが、

 

1度もお会いしてません。

 

しかし、予想通り、素晴らしい仕上がりの

 

木札が届きました。

 

素材選びや文字の相談も全てSNSです。

 

これは、他の方からすると「本当に

 

大丈夫?」と思われるかもしれません。

 

ですが、日々、発信されている内容を

 

見続けているからこそ、遙華さんに

 

対する信頼度が高まった結果、お願い

 

できたのだと思います。

 

これからの時代、SNSは無くてはならない

 

存在になりつつあります。

 

その重要性や伝える事の大切さを学ばせて

 

頂きました。

 

今回、木札の依頼をして本当によかったと

 

思います。

 

この杉玉と木札に恥じぬよう、日本酒の

 

勉強もしっかりとしていきたいと思います。

 

 

 

 

本当にありがとうございました!!

 

 

 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
まる屋若大将SNSです
フォロー、いいねよろしくお願いします
↓↓↓↓↓

 


まる屋Facebookページ

http://www.facebook.com/maruya.shibayama/
まる屋の近況報告や「〜但馬はこんなにいい

ところ〜」シリーズでは、但馬のある地域に

スポットに当てて、訪れてみたくなる

情報をお届けしてます!

 


まる屋若大将Instagram
http://www.instagram.com/keita_maruya/

田舎だからこそ、但馬だからこそある

何気ない風景を1日1枚毎日更新しています。

雄大な自然の風景や、但馬の人にしかわからない

ローカルな風景、ある人にとっては新鮮な風景を

日々取り上げています。

ご旅行の参考して頂ければ嬉しいです^^

 

 

 

僕がブログを書いています!

 

 

若大将


兵庫県北部地方を昔から但馬(たじま)と

呼びます
壮大な山々と豊かな海に囲まれた

この地域は、様々な魅力がいっぱいです
但馬(たじま)での旅行が楽しい思い出と

なりますように
いろんな情報をお伝えしていきます!

■年齢 32歳
■香美町香住区出身

 

 

マラソンが好きです!
大阪マラソン2015、淀川マラソンに

出場経験有り
走るのは速くない(BestTime4:52)
でも走るのは好き!

4月22日に行われる

ジオパークマラソンに出場します

 

日本酒が好きです!
但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに

個性があっておもしろい!   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album