ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北近畿豊岡自動車道 | main | 7つの外湯巡り >>
2017.04.07 Friday

空の駅への道

 

おはようございます。

 

光と海と風を感じる海辺の小さな宿

 

まる屋若大将、藤原啓太です。

 

兵庫県北部但馬(たじま)地方。

 

週末は、雨続きの天気予報です。

 

FacebookやInstagramなどのSNSを

 

見ていると、日本各地で咲いている

 

桜の様子を知ることができます。

 

但馬地方の桜も、まだ満開とは

 

いきませんが、少しずつ咲き始めて

 

います。

 

週末の雨で、散ってしまいませんように。

 

美しい桜を楽しませてくれることを

 

祈ります。

 

 

《鉄道史に名を残す鉄橋》

 

 

香美町には、JRの駅が5ヵ所あります。

 

その内、鎧(よろい)駅と餘部(あまるべ)

 

駅の間に余部鉄橋はありました。

 

 

(あまるべは「餘部」と、「余部」と書く

 

 場合がありますが、姫路市あるJR余部

 

 〈よべ〉駅と区別するためにJRの管理上

 

 こちらの駅を「餘部」表記されている

 

 そうです。鉄橋の名称には、昔からこの地

 

 で使われていた「余部」が広く使用され

 

 ています。

 

 

山陰本線開通の最難関とされていたこの地に

 

高さ41mの鉄橋が完成したのが1912年。

 

以来、98年にわたり人々の暮らしや物資の

 

流通に多大なる貢献をしてきました。

 

現在は、安全確保や維持管理のため、

 

コンクリート製の橋へと架け替えが行われ

 

ました。

 

当時の鉄橋の姿を一部残し、展望施設

 

「空の駅」として観光スポットとなって

 

います。

 

 

 

空の駅

展望台があります

 

 

 

この展望台へ行くため、またJR餘部駅を利用

 

するためには、長い坂道をのぼらなければ

 

ならなかったのですが、新たにエレベーターを

 

設置することが決まりました。

 

 

 

 

 

空の駅

現在、工事中です

 

 

 

屋外に、しかも海からの潮風をまともに

 

受ける場所に人を乗せるエレベーターを設置

 

することは、設置工事や設備点検、維持に

 

かなりの費用がかかるだろうと思いますが、

 

2016年10月より、工事は着々と

 

進んでいます。

 

 

《親しみのある名前を公募》

 

 

少し前に、現在建設中のエレベーターの

 

愛称を募集されていました。

 

先月、その愛称が決まったようです。

 

愛称は、

 

 

 

 

 

 

 

 

「余部クリスタルタワー」

 

 

 

 

 

 

 

 

空の駅

先月、決まりました

 

 

 

 

に決定いたしました。

 

エレベーターの外壁は、外の様子が見える

 

ようにガラス張りになる予定です。

 

その外観と余部の美しい空、キラキラと

 

輝く海の様子を「クリスタル」と表現

 

されているようです。

 

とても素晴らしい愛称だと思います。

 

 

《応募はしなかったんですけど》

 

 

友人と食事をしていた時の会話で、余部の

 

エレベーターの話になりました。

 

「クリスタルタワー」という愛称、響きは

 

とてもいいけど、ちょっとカッコよすぎる

 

愛称じゃないか、と。

 

もう少し、余部地区の「田舎の良さ」感を

 

出してもいいんじゃないか、と。

 

確かに、名前のイメージから想像し、期待

 

をしてしまうことはあります。

 

エレベーターが設置される余部地区は、田園

 

風景が広がり、豊かな自然が残る素晴らしい

 

地区です。

 

その良さを表現し、彼はこう名付けました。

 

 

 

 

 

 

「あまるベーター のぼるべ」

 

 

 

 

 

 

あまるべとエレベーターを掛け合わせた上に

 

エレベーターで空の駅まで昇ることと

 

あまるべを掛けたネーミング!!

 

 

 

 

親しみわくーーーーー!!(笑)

 

 

 

でも、実際この地域で「のぼる」なんて

 

言わないんですけどね。

 

「のぼる」とか「のぼらぁで」と

 

言います。

 

まぁでも、田舎感が程よく出てていいかなぁ

 

なんて、言いながらその場はに盛り上がり

 

ました。

 

斬新なこと考えるわーと思っていたら、

 

 

 

 

 

 

香美町HPを見てみると、

 

 

 

 

 

 

 

空の駅

            (香美町HPより)

 

 

 

 

グランプリに次ぐ順位の、優秀賞に選出されてるよーーーー!

 

 

 

空の駅

           (香美町HPより)
 

 

 

 

 

しかも同じこと考えてた人がこんなにもいたーーーーー!!

 

 

 

 

 

「のぼるべ」というワードはなかった

 

ものの、「あまるベーター」がこんなに

 

も支持されていたとは!!(笑)

 

選出される理由が、多数決でないのは

 

残念でした。

 

とにかく、無事に愛称が決定した「あまる

 

ベーター のぼるべ」「余部クリスタルタワー」

 

総工費6億円(!)を投じ、耐震性や

 

緊急時に対する対策を施し、2017年

 

9月の完成を目指しています。

 

完成を心待ちにしています。

 

 

 

空の駅

 

 

 

 

 

 

 

 

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
まる屋若大将SNSです
フォロー、いいねよろしくお願いします
↓↓↓↓↓

 


まる屋Facebookページ

http://www.facebook.com/maruya.shibayama/
まる屋の近況報告や「〜但馬はこんなにいい

ところ〜」シリーズでは、但馬のある地域に

スポットに当てて、訪れてみたくなる

情報をお届けしてます!

 

 


まる屋若大将Instagram@keita_maruya
http://www.instagram.com/keita_maruya/

田舎だからこそ、但馬だからこそある

何気ない風景を1日1枚毎日更新して

います。

雄大な自然の風景や、但馬の人にしか

わからないローカルな風景、ある人に

とっては新鮮な風景を日々取り上げて

います。

ご旅行の参考して頂ければ嬉しいです^^

 

 

 

まる屋若大将Twitter@keita_maruya

http://twitter.com/keita_maruya?s=03

但馬(たじま)の魅力を伝えたい若大将です。

日々のちょっとしたこと、つぶやいて

います。

Instagramの #但馬の風景 を少しだけ

解説したりしています。

フォローよろしくどうぞ〜!

 

 

僕がブログを書いています!

 

暖炉

若大将


兵庫県北部地方を昔から但馬(たじま)と

呼びます
壮大な山々と豊かな海に囲まれた

この地域は、様々な魅力がいっぱいです
但馬(たじま)での旅行が楽しい思い出と

なりますように
いろんな情報をお伝えしていきます!

■年齢 32歳
■香美町香住区出身

 

 

マラソンが好きです!
大阪マラソン2015、淀川マラソンに

出場経験有り
走るのは速くない(BestTime4:52)
でも走るのは好き!

4月22日に行われる

ジオパークマラソンに出場します

 

日本酒が好きです!
但馬(たじま)の地酒、蔵ごとに

個性があっておもしろい! 

仕事終わりの燗酒がたまらなく

好きです!  

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album